現在進行中物件の工事に密着!〜建て方編その5「またまた検査・・・」〜

 みなさま、こんにちは!

 広報担当 Hでございます。

 さて、今回の記事ですが、なんとまたまた検査が入ります・・・。

 今までの密着記事の中で、基礎の背筋検査と金物検査がありました。

 そして今回も・・・。

 もしかすると、私が見ていないところで、もっとたくさんの検査があるのかもしれません。

 家建てるのって、本当に大変なんですね・・・。

 気を取り直して、早速行きましょう!

 まずは、早速検査から入ります!

 こちらをご覧ください!

 これは、上部躯体検査の様子です。

 躯体への釘の打ち方・間隔・筋かいの位置・金物が適切に使われているかなどを

日本ERIの検査員の方に細かくチェックしていただきます。

 そして、無事合格しました!ヤッター

 検査が終了すると、躯体のシロアリ消毒へと入ります。

 1階部分の全ての部材に1100mmの高さまで消毒していきます。

 写真を見ていただくと、木材の色が一定の高さで色が変わっていることがわかりますね。

 木材の色が変色している部分が、実際に消毒液を塗られたところです。

 そして、浴槽周りの部材に関しては一部ではなく、下から天井裏に至るまで全面に消毒液を塗りました。浴槽周りのような湿気のたまりやすい箇所には、よりしっかりとシロアリ消毒をします。

 基礎上の土台から始まり、一階の躯体、浴槽周りの前面と、シロアリ消毒を行ってきました。これでシロアリ対策は万全です!

 こうして消毒が完了すると、今度は天井裏にウレタン断熱材やグラスウール断熱材を取り付けて行きます!

 みっちりです。

 そして、これら断熱材を覆うようにタイガーボードと呼ばれる室内用の壁材を張っていきます。

 このお家は、とてもあったかそうですね。 

 あったかいということは、室内の熱を外に逃がさないということなので、当然冷房も外へと逃がさず、涼しさを保てるということです。

 冷暖房コストを抑えることができ、より快適な空間が実現できます。

 天井裏の断熱材設置工事はまだ完成していないので、次回の更新でこの続きを書いていこうと思います!

 お楽しみに!

#家ができるまで #建て方

特集記事
最新記事