安 心 ・ 安 全 な 暮 ら し

基準の品質管理
​長期優良住宅

「長期優良住宅」基準の高い品質管理によって

 

極めて高い耐震性や耐久性などを実現し、長期的に安心安全な生活を送れる空間を造ります。

また私たちは、栃木県地域型住宅協会である「やまの子・とち木の家協会」に所属しています。

 

そのため熊倉工務店は使用する木材に、栃木県木材業協同組合連合会が策定し運用している

 

栃木県産出材証明制度を受けた「とちぎ八溝材(杉・桧)」を選びます。

安心・安全な生活を送るために
地盤調査・改良

住宅を建てる土台が弱いと、家の自重によっての傾きや地盤沈下、地震での崩壊などが起こる

可能性があります。

理想的な土地に家を建て快適な生活を送るためにしっかりとした地盤調査を行い、万が一地盤が

弱い場合は地盤が崩れないように基礎を固めます。

長期優良住宅

長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年6月4日施行)の中で定められた、長期にわたって住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準をクリアすることで得られる認定のことです。

長期的に新築時の建築プランを長期的に良い状態を保つことができ、新築後の維持管理やメンテナンスがし易いことも評価の対象となります。

この認定を得るためには、構造躯体の劣化対策・耐震性・維持管理・更新の容易性・可変性・バリアフリー性・省エネルギー性などにおいて高い性能基準が設けられており、認定を受けた場合

住宅ローンの控除や固定資産税軽減期間の延長

などさまざまなメリットもあります。

最先端の耐震・制振金物

高純度のアルミ素材を使用し、地震の揺れを

吸収するように設計された高い制振性能を

実現した最先端の耐震・制振金物を導入します。

耐食性に優れた素材を使用しているため

時間による劣化や温度変化による性能変化が

なく、半永久的に高性能を維持し続けます。